FC2ブログ

SEO対策:映画

未分類

未分類 に関する記事です。
笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション
出演:上野樹里 /関めぐみ /平愛梨 /伊勢谷友介 /松尾敏伸
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2006-12-22
定価:¥4,935(税込)
価格:¥3,701(税込)


川原泉の同名人気コミックを原作にVFXディレクターの小田一生が映画初監督。母と死別した庶民の史緒(上野樹里)は生き別れになっていた伯爵の兄・一臣(伊勢谷友介)に引き取られ、名門・聖ミカエル学園に転校してきたが、そこで次々とドタバタ騒動を引き起こし、また巻き込まれていく。本作に登場してくる少女たちが、誰一人としてお嬢様に見えないのが痛く(ヒロインは庶民が猫をかぶっているという設定ではあるが)、制服の衣裳もキャバクラみたいで妙にいかがわしい。もっともそのいかがわしさが魅力になっている部分もなきにしもあらずで、また伊勢谷友介ら男優陣は今回見事に品格あふれる存在感を醸し出している。一方、CGを多用した方法論は、少女漫画ならではのファンタスティックな世界を映像化するのに実に効果的で、先に記した欠点も補ってあまりあるほど。クライマックスのアクション・シーンも楽しく、これで女優たちに品格が備わっていれば…惜しい。(増當竜也)
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2008/3/8に作成しました。

ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

虹の女神 Rainbow Song虹の女神 Rainbow Song
出演:市原隼人 /上野樹里 /蒼井優 /佐々木蔵之介 /相田翔子
アミューズソフトエンタテインメント
発売日 2007-04-27
定価:¥3,990(税込)
価格:¥3,045(税込)


空に水平に走る珍しい虹を写メールして、アメリカにいる友人・あおいに送った智也。だが彼女からの返事はなく、帰ってきたのは彼女の事故死の知らせだった。葬儀などが行われたりする中で、いつしか智也はあおいとの出会いなどを振り返っていくのだが…。 気持ちいいくらいに時間がかっ飛び、物語が進んでいく中で、実はお互いに好きあいながらも、その関係がどこかで熟しきれなかった男女のせつない絆を、スーパーリアルな映像でつづった感動作。主人公たちを演じる市原隼人と上野樹里の本当に演技なのかと疑いたくなるほどのリアリティすぎるやりとりには脱帽。またその関係にそこはかとなくユーモアも取り入れつつ、見事な日常表現をしてみせる熊澤尚人監督の演出も拍手モノだ。また上野の父親役の小日向文世ら脇の演技も相当に泣かせる。(横森 文) せつなさ、はかなさ、もどかしさ 2008-02-16 初めて気持ちを伝えられた時には大切な人はもう虹の彼方に行ってしまっていた…

若さ故の素朴さ、不器用さ、せつなさ、もどかしさ、そんな気持ちが、あの美しくもはかない、変な形の虹に重なって、胸に残ります。

上野樹里さん演じるあおいの荒々しい鈍くささが、とても胸に迫ります。
映画内映画「地球最後の日」ではキスシーンで唇にかみついちゃう。

市原隼人さんも、とても鈍くさい青年、智也を見事に演じていたと思います。そういうところが好きだったのねと納得できるところもありました。

蒼井優さんは盲目の少女を熱演していました。うまかったけど、あの役は難しかったと思います。蒼井さんのいつもの演技から比べると、あまり複雑さが出せなかった気がします。

見終わった後に、いつまでも余韻が残る、いい映画です。
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2008/3/8に作成しました。

ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スウィングガールズ プレミアム・エディションスウィングガールズ プレミアム・エディション
出演:上野樹里 /貫地谷しほり /本仮屋ユイカ /豊島由佳梨 /平岡祐太
東宝
発売日 2005-03-25
価格:¥10,290(税込)


野球部の応援に行った吹奏楽部にお弁当を運んだ補習クラスの女子だったが、炎天下、チンタラ運んでいたせいで、お弁当は腐り、吹奏楽部は体調を崩してしまう。ひとりだけお弁当を食べなかった男子・中村は、即席吹奏楽部を作ろうと思いつく。責任をとらせようと補習クラスの女子を誘うが、吹奏楽をやるには人数が足りなかったため、ビッグバンドでジャズをやることに。でも女子たちは楽器などロクにやったことがなかった…。 『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督のガールズ版『ウォーターボーイズ』ともいうべき作品。高校生が、未経験のことにチャレンジし、失敗を繰り返しながら、最後に成果をお披露目という構成は前作と同じだが、矢口監督のディテール作りの巧みさと、役者選びの目の確かさが、本作でもいきている。舞台が東北のため、方言を駆使したセリフはユニークで温かいし、女の子たちのイキイキとした姿もさわやかで気持ちがいい。ヒロインの上野樹里は『ジョゼと虎と魚たち』では偽善的な女子大生を好演していたが、本作では、ちゃっかりしているけど、常にポジティブな高校生を明るくキュートに演じていて好感度大。竹中直人、谷啓、渡辺えり子、小日向文世などの演技巧者が脇をしっかりしめている。(斎藤 香) はまっちゃいました?んだ、んだ。 2008-01-12 最近の邦画作品の中ではピカイチの部類に入るヒット映画です。
もし、出来るのなら入手しちゃいましょう。
私ははまっちゃた口です。
ロケ地めぐりやフラワー線乗車。楽しいお弁当(おなかはこわしません)
運よくミニライブにもいけました。

つぼを押さえた良い作品です。(引き込まれますね)
現在、出演者はご活躍中です。(ドラマ、映画、CM、グラビア などなど)
この作品をきっかけに才能が開花下のかもしれませんね。
さあ、はまっちゃいましょう
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2008/3/8に作成しました。

ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]