FC2ブログ

SEO対策:映画

2007年07月

2007年07月 に関する記事です。
自由戀愛自由戀愛
出演:長谷川京子 /木村佳乃 /豊川悦司 /國村隼 /岩井志麻子
アット エンタテインメント
発売日 2006-01-27
価格:¥3,990(税込)


大正時代、磐井財閥の御曹司・優一郎(豊川悦司)の元へ嫁いだ明子(長谷川京子)は、女学校時代の旧友・清子(木村佳乃)を夫に紹介し、秘書として雇うことに。しかし清子は優一郎の愛人となって子を身ごもり、やがて明子は家を追い出されてしまうのだが……。
岩井志麻子の同名小説を『突入せよ!「あさま山荘」事件』などの原田眞人監督が自由な解釈で映像化した傑作大正浪漫。もともとWOWOWの「ドラマw」枠で企画されたものだが、原田監督はあくまでも映画としてこれを演出し、テレビ放映後、劇場公開にこぎつけた。階段というアイテムを巧みに用いてふたりの女の生き様を活写。明子は階段を上る描写ばかりで、絶対に下らない。また大正期の映画制作事情など、原田監督ならではの視点も上手く盛り込まれている。クライマックスの関東大震災とその後の実験的処理も鮮やか。ふたりのヒロインも好演だが、豊川の俳優としての成熟ぶりにも改めて驚く。(増當竜也)

大正の薫りたつ映画 2006-01-29
長谷川京子という女優を発見した、といえる作品だと思います。2人の女性が生き生きと描かれ、背景となっている大正時代はとても雰囲気があって優雅です。短い製作期間でも現存する建物を使ってリアリティを追求したという監督の意気込みが感じられる作品となっています。原作の岩井氏もちょこっと出演していてご愛嬌。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

式日式日
出演:加古隆 /岩井俊二 /藤谷文子 /村上淳 /松尾スズキ
キングレコード
発売日 2003-07-24
価格:¥3,990(税込)


女優・藤谷文子の記した原作をもとに、アニメーション『新世紀エヴァンゲリオン』で一大ブームを呼んだ庵野秀明監督が、自伝的要素を多分に盛り込みながら実写映画化した話題作。撮るべきテーマを見失い、故郷の山口県宇部市(庵野監督の故郷でもある)に帰ってきたカントク(岩井俊二)は、誕生日の前日を生き続ける不思議な少女(藤谷文子)と出会い、彼女の行動をビデオカメラで追い続けていくうちに、奇妙な連帯感が生まれていく…。
シネスコ画面や実験的映像の数々、モノローグの多用などによって、孤独を抱える者同士のランデブーが、いつしか映像の中で心の小宇宙を形成するかのように切なく映え渡る。クリエイターでしか理解しえないであろう苦悩と絶望の彷徨を、庵野監督に代わって体現する映画監督、岩井俊二の存在感もいい。(的田也寸志)

見る人を選ぶ映画。監督の素っぽい演技は笑える 2006-11-24
非常に見る人を選ぶ映画ですね。

わたしは楽しく見れたのですが、今の日本にこの映画を楽しいと思える人が果たして何人くらいいるのでしょう?
まあ間違いなく、わたしは少数派の人間でしょうね。

この映画は庵野監督らしさが炸裂していますね。
庵野監督の今までの集大成といってもよいのではないでしょうか。
庵野監督特有の暗くて自虐的で内罰的な世界観が、徹底的に描かれつくされています。

トラウマを抱えた少女と監督。ふたりだけの閉鎖空間の中で、一般人には理解不能な奇妙なやりとりが続きます。
少女が口癖のように連呼しているわたしの誕生日とは一体何なのか?
ちょっと危ない少女に振り回されているように見える監督は何を考えているのか?

見る人によって思うことは違うでしょう。それぞれの感受性で、それぞれの答えを見つけ出せばよいのだと思います。

余談ですが、監督のアドリブっぽい台詞まわしには笑ってしまいました。自然すぎましたね。素なのかと思いましたよ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

undoundo
出演:山口智子 /豊川悦司
ポニーキャニオン
発売日 2000-11-15
価格:¥3,990(税込)


強迫性緊縛症という精神の病に犯された妻を助けようと夫は努力し続けるが、症状はしだいに悪化していく。身の回りのすべてのものを紐で縛りはじめた妻は、やがて…。
現代人の精神的ストレスを縛るという行為で表現しているのだが、むしろ、1つ1つのシーンの均整がとれた画面構成と緊縛されたオブジェは、まるで現代美術のように見えてくる。CMやプロモーションビデオなどで知られた岩井俊二初の劇場公開作品であり、上映時間47分の中編。当初は単館のしかもレイトショー公開であったが、山口智子・豊川悦司コンビの知名度とともに映像の美しさも口コミで評判となり、女性客を集めた。(堤 昌司)

強迫性緊縛症 2006-11-08
彼女は何を縛りたかったのだろう。

彼の心を縛りたかったのか。縛ってほしかったのか。

誰もが持っているような独占欲、男女感の考え方の違い。

それを見事に描いた作品といえるでしょう。

豪華俳優人でおくられる短編ドラマ。

短いながらも、メッセージ性の高い作品となっています。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

天才てれびくん ワイド ミュージックてれびくん ザ・ビデオIII天才てれびくん ワイド ミュージックてれびくん ザ・ビデオIII
出演:中田あすみ /ダーブロウ有紗 /俵有希子 /岩井七世 /モニーク・ローズ
NHKエンタープライズ
発売日 2003-01-24
価格:¥3,990(税込)



私の青春 2007-03-24
天才てれびくんを見て育った私。
当時ある天てれメンバーに恋していたくらい、本当に大好きな番組。
その中でも一番この年が印象に残ってます(^_^)
このDVDを見るまではすっかり忘れてたあの曲、この曲も、このDVDを見たら「あー、こうゆう歌あったなあ!!」と、とても懐かしく、心地いい気分になれます。
購入してよかったです。当時の思い出が蘇ります。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ゴッド・スピード・ユー!/BLACK EMPEROR(廉価版)ゴッド・スピード・ユー!/BLACK EMPEROR(廉価版)
出演:ブラックエンペラー
エースデュースエンタテインメント
発売日 2006-03-24
価格:¥3,990(税込)



イヤもうかっこいいから 2007-06-19
「十九歳の地図」、「さらば愛しき大地」の柳町光男が放つ暴走族”ブラックエンペラー”のドキュメント。男なら学生の時一度はあこがれるカッコイイ不良の姿がここに。気合十分、根性入ってます。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

initial イニシャル ~岩井俊二初期作品集~initial イニシャル ~岩井俊二初期作品集~
出演:津村鷹志 /下元史朗 /中島唱子 /高田純次 /白石美樹
ポニーキャニオン
発売日 2006-02-15
定価:¥15,750(税込)
価格:¥14,175(税込)



ちょっと高いか・・・ 2006-02-20
絶品【夏至物語】がもう一度観れるというだけで私は購入しましたが・・・やはり高いように思われます。その他の作品一つ一つは素晴らしいので損はないとは思うが、岩井作品にハマってる人以外は価格的に購入を躊躇うかも・・・

意地悪な言い方をすれば

所詮はテレビドラマ・・・しかも世にも奇妙な物語の中の一話やローカル深夜の30分ドラマ・・・決して派手ではありません。

岩井俊二が好きな人でも

今までで【リリィシュシュ~】【スワロウテイル】が一番好き・・・てな人には1万以上も出してまではあまりお勧めしません

でも岩井作品の短編【ゴーストスープ】や【打ち上げ花火~】のDVDにこの価値(以上)がある!・・・と言う人は絶対 買い! です。

私はモチロン後者ですが・・・

たぶん☆の評価が二分するようなBOXでしょうね!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

PiCNiCPiCNiC
出演:Chara /橋爪こういち /浅野忠信
ポニーキャニオン
発売日 2000-11-15
価格:¥3,990(税込)


『Love Letter』の岩井俊二が『スワロウテイル』との間に、人気シンガーCHARAをヒロインに撮った自主映画的アナーキーなメルヘン。妹を殺したココは、入院させられた精神病院で、ツムジとサトルという2人の青年と知り合う。
彼らは施設の塀の上を歩く探険を楽しんでいた。やがて、地球が滅亡するという妄想にとらわれた彼らは、滅亡を見届けるために、塀の外に出てはいけないという規則を守りながら、塀から塀へとつたって海を目指してピクニックに出かける。
ピクニックの間に出会うさまざまな人々との交流に、日常への批評を読みとることもできる哲学的な深みを、岩井の軽やかな映像がポップに仕上げている。なかでも鈴木慶一のとぼけた神父さんが印象的である。CHARAと浅野忠信夫婦の出会いの映画としても要チェックだ。(堤 昌司)


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワロウテイルスワロウテイル
出演:三上博史 /Chara /伊藤歩
ポニーキャニオン
発売日 2003-11-19
価格:¥3,990(税込)


『Love Letter』で一躍日本映画界の寵児となった岩井俊二監督が、近未来の日本を舞台に、斬新な映像感覚で作品である。
東京湾には「円都(イェンタウン)」と呼ばれる無国籍地帯が広がり、アジア各国からの移民も多く住んでいる。娼婦のグリコは、母親を殺された少女アゲハと一緒に暮らしていた。ストーリーは、偽札作りやグリコが歌手として成功していく様子、アゲハの母親捜しなどが絡みあいながら展開していく。
英語、中国語、日本語がとびかう無国籍感覚と、アゲハたちが広大な空き地に作ったコミューン感覚が、閉塞した日本の現状に対するアンチテーゼとなっている。My Little Lover がライブハウスに出演していたりと、PV出身の岩井監督らしさがあふれる意欲作だ。(堤 昌司)

ここはカラく。 2007-04-16
何をしたいかは何となく理解できる映画なのだが、
「未消化」、
としておきたい。
確かにスタイリッシュではある。
多少は、二番館的な、映画好きを喜ばせるような雰囲気も持ってはいる。
映画は活動「写真」であるから、
原義通り写真としての絵ヅラのよさを追求したやたら黄色っぽい画面も、
ノスタルジックなものとして、十分認めたい。
確かに悪くない映像だ。
ただ、残念にも、そこがドン突きであるような感じだ。
その先が弾切れなのが何とも惜しい。
見た目は美味しそうなおでんなのに、食べてみたら出汁が殆どとれてなかったような。
せっかくいい匂いまではしてることだし、
これでいい出汁が出ていたら文句なく推すとは思うのだが。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX
出演:
ポニーキャニオン
発売日 2002-11-20
価格:¥7,980(税込)


2002年6月、歴史的な大会を戦い抜いたサッカー日本代表にカメラが密着、ぼう大な量の映像資料をもとに、映画監督、岩井俊二が編集を手掛けたドキュメンタリー作品。大会直前、キャンプ地「北の丸」で行われたパーティーで、互いをプールに突き落としたり、自ら飛び込んでいったりする選手たちは、ただの酔っ払った20代半ばの若者でしかない。しかし、大会が始まるや、彼らは戦う男に変ぼうする。マスコミをシャットアウトした練習風景や、試合後のロッカールームでの彼らの興奮ぶりはここでしか見ることのできない貴重な映像だ。また、トルシエ監督(当時)が激を飛ばしながら作戦を説明したり、ハーフタイムで中田(英)選手が仲間の選手に指示を出す様子も興味深い。
もともと資料として残すために撮影された映像だったのが、編集を手掛けたのが映画監督ということもあって、ドキュメンタリーでありながら、日本代表選手23人それぞれが主役を演じている映画のような仕上がりになっているのが印象的だ。(鈴木君平)

5でもありだけど・・ 2006-09-12
普段見れない試合や選手の裏側という意味では、サッカーファンには絶対にお勧めです。

あそこまで撮れた映像は、ホント見ていて飽きない。そういう意味では、カメラマン岩井俊二の人柄もあるのかなあ、と感心してしまう。

ここからは、星が二つ足りない、見る方には少し覚悟した方が良いかな部分。

けっこう他の意見でも書かれているように試合の映像が加工してあるのが非常に残念。これは放映権の問題であると信じたい、万が一演出であれば最悪・・・。選曲や 試合開始・ゴールなどの区切りの演出もテレビ局の特集の方が上だと思う。日韓大会での内容や結果、各選手を知っているという前提がなければ、厳しいかもしれません。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

リリイ・シュシュのすべて 通常版リリイ・シュシュのすべて 通常版
出演:市原隼人 /忍成修吾 /伊藤歩 /岩井 俊二 /大沢たかお
ビクターエンタテインメント
発売日 2002-06-28
価格:¥4,935(税込)


ある地方都市、中学2年生の雄一(市原隼人)は、かつての親友だった星野(忍成修吾)やその仲間たちからイジメを受けるようになる。そんな彼の唯一の救いはカリスマ的女性シンガー、リリイ・シュシュの歌だけであり、そのファンサイトを運営する彼は、いつしかネット上でひとりの人物と心を通わしていくが…。
岩井俊二監督が、インターネットのインタラクティヴ・ノベルとしてスタートさせた企画を発展させて成立させた異色の青春映画。美しい田園風景の中、イジメや援助交際などなど現代の少年少女たちにまつわるさまざまなダークな問題を、これまでにないほど身近なものとして織り込みつつ、彼らのリアルな心の声を繊細に描き上げていく。そして、それでも「どんな子どもでも、光る時間を過ごすのだ」といった岩井監督のメッセージが痛切に伝わり、胸をしめつける必見の秀作である。(的田也寸志)


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

四月物語四月物語
出演:松たか子 /岩井俊二
ビデオメーカー
発売日 1999-03-17
価格:¥3,990(税込)


意外にも映画での主演はこれが初めてだったという松たか子を純真素朴なキャラクターで魅力たっぷりに描き、ファンを喜ばせた岩井俊二監督70分の小編。
松たか子が扮するのは東京の大学に通うため北海道の親元から離れてひとり暮らしを始めた女子大生。解放感と不安の交錯するその新しい生活が、初春の武蔵野を舞台に淡々としたタッチでつづられていく。
特別何ということのない日常を切り取ってみずみずしく見せる描写はいつもながらに繊細。柔らかい光にあふれた映像も観る者の心をなごませる。冒頭、雪の出立シーンで見送りの家族の中に松本幸四郎の顔があったり、主人公が立ち寄る名画座でやはり岩井監督の手になるモノクロ時代劇が上映されていたりと細部の仕掛けも楽しい。物語にさほど奥行きはないものの、いわば松たか子の松たか子による松たか子のための作品。(武内 誠)

四月物語 ゆわせてもらいたい 2007-05-03
長期の休みにレンタルビデオ屋で「何を観よっかな」って思った時。

特に春休みやGWの頃とか。

観るといいかもね。



岩井俊二監督のクレジットを除くとわずか65分足らずの中編。

北海道 旭川から東京の大学へ上京する学生のひとコマを切り取った物語。

演じるのは松たか子。

初々しい彼女の自然な演技を見ていると、

大学に入った4月は、「そう、こんな感じだったんだよ。」って

大学生だった人の記憶に蘇ってくるような好編。

全編流れる静かなピアノの音色。撮影は間接照明にして、松たか子の演技はあくまでもナチュラル。

大学生になったばかりの、不安や希望、そして、心の移ろいを瑞々しく描いています。



北海道は石北線るべしべ駅で家族の見送りから始まり、

東京の引っ越し風景へ切り替わる。

全編ほとんど東京 国立周辺で撮影された。

桜吹雪舞い落ちる並木道を自転車で走り抜ける松たか子は微笑ましい。



映画では武蔵野堂という名前の本屋がたびたび出てきて、

松たか子は営業時間を聞いたり、定休日を確認したり、

理由はのちのち明かされるのだが、

他にも武蔵野座という映画館や国木田独歩の武蔵野が登場して、



ムサシノ。



意識してなかったけど、いい響きのコトバ。

ちなみに大学名は武蔵野大学。



製作は1998年。

ちょっと前だと思ってたのに、もう9年前。

ボーナストラックに入っている予告編はカチンコを手にした松たか子のシークエンス。

こちらは岩井俊二の映画に対する愛情が感じられて良かった。



桜繋がりで、

中原俊監督の『桜の園』も見返したくなりました。

こちらも春を舞台にした青春映画です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~
出演:工藤夕貴 /ビリー・ドラゴ
角川映画
発売日 2007-05-25
価格:¥3,129(税込)



恐るべし・・・・岩井志麻子 2007-07-23
日本のようで日本でない、どこかにありそうでどこにもない、独特の嫌な感じのする異世界を作りあげてます。

この作品、「おち」自体ははそんなに怖くない。

「恐怖感」よりも「嫌悪感」を抱く数々の場面が、妙に生々しく思わず身震いするほど。

久しぶりに観ていて、「あわわわわわ!」と声をあげてしまった。

それにしても原作者の岩井志麻子さん。只者ではないな、あの表情。



「怖い」ではなく「気色悪い」。

アメリカで公開禁止になったのも納得の、独特のきしょい世界へようこそ・・・・・。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
出演:
ビデオメーカー
発売日 1999-08-07
価格:¥3,990(税込)


岩井俊二が93年にフジテレビの番組「ifもしも」の1本として製作したTVドラマにもかかわらず、同年日本映画協会新人賞を受賞した上映時間45分の中編。翌94年、劇場公開。
港町に繰り広げる小学生の男の子たちが主人公。彼らは打ち上げ花火を横から見たら丸いのか、平べったいのかと言い争いになる。それを確かめるため、花火大会の夜に町はずれの灯台へ行こうと計画する。憧れの美少女、なずなへの淡い思いが重なって彼らの夏休みは過ぎていく。港町の生活感や、子役として活躍をしていた山崎裕太や奥菜 恵の生き生きとした演技を引き出している演出力は、岩井俊二が単なる映像派だけではないことを示している。(堤 昌司)

「みづきありさ~!」 2007-05-26
あ~あるある、という情景の数々。男の子同士で自分の好きな女の子の名前を大声で言い合うシーンが非常に好きです。プールの競争。待ち合わせ…。女の子の方が男の子より背が高いのが何か良い感じです(私の小学生の頃ってだいたいそうだったです)。で、結局、丸いの?平べったいの??どっちなの!?


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

市川崑物語市川崑物語
出演:ドキュメンタリー映画
ポニーキャニオン
発売日 2007-06-29
価格:¥4,935(税込)



ある種のファンレターを読んでいるような感覚だが、極めて「映画的」な傑作。 2007-07-10
 巧いなぁ、こんなアプローチの仕方もあったんだ。8mmフィルムの映写音、モノクロ画像、セピア色の写真、再現フィルム、次々と紹介される市川作品、そしてナレーション代わりに私小説的に語られるテロップの断片。90歳にして未だ現役!、日本が誇るスタイリッシュで洒脱な芸術家の一生を追いながら、本人の生の姿、肉声はおろか、関係者へのインタビュー映像も用いない斬新なスタイル、まるで、かって自らが映画少年だった時代の憧れの巨匠への“想い”を、時にナイーブ、時にユーモラス、時に切々と謳い上げる、ある種のファンレターを読んでいる様な感覚。それでいて、その絶妙なテロップの間、テンポ良いリズム、インサートされる写真たちが醸し出す“ドラマ”は、紛れもなく「映画的」。女系家族、脊椎カリエス、初恋、ディズニーとの出会い、東宝入社、召集令状、終戦、和田夏十との運命の出会い、結婚、おとうと、四騎の会、犬神家の一族、細雪、別離、そして再び犬神家の一族。正に、人生の喜怒哀楽が、市川の手掛けた映画たちの如く綽々と展開するのを観ながら、岩井俊二と同世代の私にとっても、初の市川体験は「犬神家」であり、その映像タッチに魅せられたのは「悪魔の毛毬唄」であったなと懐かしく思い出しつつ、ラストで最新作である「犬神家」のタイトルをフルで採り上げた事への岩井の思い入れの深さに心打たれる。市川映画のファン、岩井映画のファンはモチロン、年季の入った映画ファンにも、まだ若い映画ファンにも、一見の価値ある作品とお薦めしておきたい。






さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Love LetterLove Letter
出演:中山美穂 /豊川悦司 /柏原崇 /加賀まりこ
キング
発売日 2001-03-07
定価:¥4,935(税込)
価格:¥3,819(税込)


神戸に住む渡辺博子は、2年前に山で死んだ恋人の藤井樹に宛てた手紙をポストに投函したが、驚くことにその返事が届けられてきた。その手紙の主は、樹と同姓同名で彼のクラスメートでもあった、女性の藤井樹。やがて博子と樹の文通が始まる。
俊英、岩井俊二監督の長編映画デビュー作であり、ロマンティックでミステリアスなラブストーリーの秀作である。博子と樹の2役を中山美穂がムーディに好演し、女優としておおいにステップアップした。回想でつづられる樹(柏原崇)と少女時代の樹(酒井美紀)のノスタルジックで淡い恋のやりとりは、劇中の白眉ともいえよう。さまざまなアイテムを効果的に用いた演出、淡い色彩の映像、メロディアスな音楽などのスタッフワークも光る、心洗われる逸品だ。(的田也寸志)

詩的なムード☆ 2007-07-05
岩井俊二のかかわった「虹の女神」がとてもよかったのでこちらも見てみました。雰囲気は似ているのですが、結論としては馴染めませんでした。



青春とノスタルジーとロマンチック、そういうところを丁寧に切り抜いて集めたような作品だと思います。一見して「らしい」と感じる特有の映像世界もうまくリンクしていますね。



ただその反面、リアリティが欠けてしまっているのが残念です。作品中の手紙の一節に「現実はもっとひややかなもの~」とあったと思うのですが、作品自体にそういうひややかさがないというか、毒素がなく、必要な現実感を感じる事が出来なかったです。中山美穂の一人二役は余計に軽いファンタジー色を煽っているように思いました。



そういった事もあり、作品の切ないようなシーンにも、ところどころ妙にさめてしまった印象です。ある意味、よくあるような「普通の作り話」に感じました。



ただひとつの美しい世界観、ムードが丁寧に築かれているという事です。これに浸りたい人向けなのかもしれません。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/30に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

紳竜の研究
出演:島田紳助、松本竜介
R and C Ltd.
発売日 2007-05-30
定価:¥6,090(税込)
価格:¥4,761(税込)


1980年代初期にメディアを席巻した「漫才ブーム」。島田紳助・松本竜介のコンビ「紳竜」はその中において異彩を放ち、漫才の常識を覆す存在だった。このDVDは「紳竜」の軌跡を克明に追究した作品。DISC1では、脳内出血で倒れた竜介のいる病院へ向かう紳助の密着映像と当時の漫才VTRを織り交ぜつつ、彼らの足跡を振り返る。またNSC(吉本総合芸能学院)での紳助の特別講義を収録。漫才論から芸能界で成功する方法、人生論まで熱く語り、紳助の真摯(しんし)な生き方が浮き彫りにされる。DISC2では、漫才ブームを駆け抜けた証となる11本の漫才VTRを収録。 進化の過程が如実に分かる。副音声解説は紳助が尊敬してやまない島田洋七が担当。2人の漫才を丸裸に解き明かす。(仲村英一郎)

心で記憶せな 2007-07-05
すごいDVDや。

ファンダンゴでCMやってる時から、

グイグイ引きこまれてた「紳竜の研究」が、やっと家に届いた。





芸人ちゃうけど、

この内容、むちゃむちゃ心揺さぶられるわ。



・今年の3月にNSCで開催された紳助の授業

・芸人/関係者が語る紳竜の漫才

・紳竜の漫才11本

・紳助が漫才を盗んだといわれるB&B洋七が、その漫才に解説を付けている副音声





洋七の漫才の解説は、すごいな。

全部正解やし、前出の紳助自身のコメントと合わせた解体っぷりは、



絶対にDVD化してくれへんやろうけど、

やりすぎコージーでタカアンドトシがやってた、

自分らの漫才でドコで笑わすか?それは大中小どんな笑いなのか?を解説して、

その後ネタをやって、狙い通りに爆笑させた

「やりすぎthe鉄板ショー」と双璧をはる漫才の教科書やろうな。





このDVDを買おうっと思ったきっかけは、

ファンダンゴでのCMもそうやけど、



大学の時に観た漫才のビデオで「漫才の殿堂 島田紳助・松本竜介」が、強烈に印象に残っているからだ。

当時、むっちゃくちゃ売れてて超多忙な2人が

夏の暑い日に、汗をだらだら書きながら漫才をやってる。



やっている内に、意識が朦朧となってしまったのか、

最後のオチで竜介がツッコミを忘れてしまう。

それを見て紳助が「オイ、ここで突っ込まな俺ら帰られへんやんけ」とか言ってて、

紳助も朦朧となりながらも、

それでも、終われない漫才を続けるために

即興で喋りを続けて、その場で一ネタ作って再びオチを作り出した。

その瞬間、この人は紛れもなく漫才の天才やって







「漫才の殿堂」シリーズは、関西の漫才師を中心に、

漫才ブームを支えた数々の才人達が揃って登場するシリーズだけど、

やすきよと紳竜だけは、

ほんま漫才の神が憑いてるとしか思われへんくらいオモロイ。



DVDの中でも言っているが、

心を揺さぶるくらいの"本気さ"が、

漫才を突き抜けるくらい面白くしてくれてる。

こんな漫才みたら、絶対に好きになる。





このDVDで改めて発見させてくれたのは、

竜介がむっちゃ頑張ってる。

むっちゃアホやけど、むっちゃ愛くるしい。

いや~ええもん見せてもらった。





※ファンダンゴでのCMは、http://www.randc.jp/ このサイトで「紳竜の研究」を検索したら見られます。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

私の名前はキム・サムスン DVD-BOX 2[日本語字幕入り]私の名前はキム・サムスン DVD-BOX 2[日本語字幕入り]
出演:キム・ソナ /ヒョンビン /リョウォン /ダニエル・へニー /イ・ギュハン
アミューズソフトエンタテインメント
発売日 2007-01-26
定価:¥15,960(税込)
価格:¥12,302(税込)


恋愛や結婚に寄せる独身女性のホンネを描いて人気を博した、キム・ソナ主演の韓流ラブコメディー。この『DVD-BOX 2』には、第9話~最終話(第16話)が収録されている。物語本編もさることながら、30前後の独身女性なら思わず「あるある!」と頷いてしまうシーンが随所にあり、自分自身や気の置けない友人の姿を投影して楽しめるところがたまらない。“契約恋愛”を始めたものの、いつの間にか年下の美青年(ヒョンビン)に本気になってしまう戸惑い、年上女性ゆえに感じてしまう引け目など、キム・サムスンが遭遇するあらゆる状況が愉快で興味深い。…が、もちろん、いい年の女性(!)ならではのふてぶてしさも多分にあり、そこがまた魅力的!(みきーる)

サムスンとサムシク、大好きです。 2007-07-09
私の名前は、キムサムスンの大ファンです。キム・ソナ演じるサムスンもかわいいし、面白いし、魅力的だったと思います。ヒョンビン演じるサムシクも、とてもかわいくて、素敵だったし、かっこよかったです。この番組を通して、彼のファンになりました。ドラマの中に流れる音楽も効果的で、素敵で、思わずOSTを購入し、何度も聞きました。面白いドラマだったと同時に、二人の関係がロマンティックな感じもしました。サムシクがサムスンやサムスンのお母さん、お姉さんたちと一緒にカラオケをやるシーンが好きです。それと、サムシクがサムスンを忘れられなくて、彼女にいろいろとちょっかいを出すところもかわいいです。ドラマの後半になって、サムシクがサムスンに心を許すようになると、彼がサムスンに甘えているような感じで、ヒョンビンが年下の彼をうまく演じていたように思いました。こうしたお気に入りの場面は、何回も見てしまいました。DVD BOXを購入して本当に良かったと思っています。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

やっぱり猫が好き2007やっぱり猫が好き2007
出演:もたいまさこ /室井滋 /小林聡美
フジテレビ
発売日 2007-07-04
定価:¥4,725(税込)
価格:¥3,651(税込)



お帰りなさい 2007-07-24
江戸時代に生きる恩田三姉妹に全く違和感がありません。

再会できて、そして皆さんお元気そうで安心しました。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

華麗なる一族 DVD-BOX華麗なる一族 DVD-BOX
出演:木村拓哉 /鈴木京香 /長谷川京子 /山本耕史 /相武紗季
ビクターエンタテインメント
発売日 2007-07-06
定価:¥23,940(税込)
価格:¥18,122(税込)


2007年1月~3月、TBS系日曜劇場で放映された木村拓哉(SMAP)主演の愛憎ドラマ。原作は、山崎豊子による同名小説。毎回20%を超える高視聴率を誇り、最終回では実に最高視聴率39.8%を獲得、同時期の他ドラマの脅威となった作品である。舞台となった万俵家のセットは、屋敷の絨毯など細部に至るまで最高級品を用い、嘘偽りなく“華麗”な世界を現出してみせたことも、人気の秘密と言えよう。生き馬の目を抜く金融社会で、父との葛藤に悩みながらも力強く生きる万俵家長男・鉄平役を、木村が抜群の存在感で演じ、また、鉄平の実父でカリスマ的な頭取・大介役を北大路欣也が貫禄たっぷりに見せている。長谷川京子、鈴木京香らによる、女性ならではの駆け引きや心の揺らめきもきめ細かく描かれており、見ごたえ抜群の物語。(みきーる)


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

マリア様がみてる OVA コレクターズ・エディション 5 チャオソレッラ (初回限定生産)マリア様がみてる OVA コレクターズ・エディション 5 チャオソレッラ (初回限定生産)
出演:松島晃
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2007-07-25
定価:¥9,240(税込)
価格:¥6,930(税込)




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

DVDの1×8いこうよ!(1)これが北海道のYOYO’Sだ!の巻DVDの1×8いこうよ!(1)これが北海道のYOYO’Sだ!の巻
出演:TVバラエティ /大泉洋 /木村洋二
インディーズ・メーカー
発売日 2007-07-18
定価:¥3,500(税込)
価格:¥2,799(税込)



確実に比較はされる 2007-07-18
同じ北海道のテレビの制作、同じ大泉洋が出演ということで、確実に「水曜どうでしょう」と比較されてる作品です。何の基礎知識もなく観ると、やたらにコスプレに走っている印象もあるんですけど、「ボケマシーン」木村洋二に大泉洋がツッコミの集中砲火を浴びせるところが見所かなと思います。惜しむらくは作品の構成。道内外問わず、この番組を観ている人たちにとってはダイジェスト集にまとめた、この作品はよそいきな感じを受けると思います。「OK牧場」とか「ヨウコ・オオイズミ」とか独立してDVD化すればいいのになと思いました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

フルハウス ディレクターズカット版 DVD‐BOX IIフルハウス ディレクターズカット版 DVD‐BOX II
出演:RAIN(ピ) /ソン・ヘギョ /ハン・ウンジョン /キム・ソンス
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2007-05-25
定価:¥15,960(税込)
価格:¥12,416(税込)


アジアのスーパースター、RAIN(ピ)とソン・ヘギョの共演が話題を呼び、韓国で高視聴率を記録したドラマ・“フルハウス”。『DVD‐BOX II』には、物語中盤の第9話~最終話(第16話)までを収録。奪われた“フルハウス”を取り戻したいジウンと、思いを寄せる女性カン・ヘウォンの気を惹きたいヨンジェ。利害関係の一致した2人は、契約結婚という手段に出る! 外面はいいのに、家ではわがままでクセのあるヨンジェと、歯に衣を着せないジウン。2人の丁々発止の言い争いが、なんとも楽しい。本ドラマの役柄で、KBS演技大賞ベストカップル賞にも選ばれた2人の名演は必見。『DVD-BOX I』同様、未公開シーンや特典映像も豊富に収められているのが嬉しいところ。(みきーる)

おすすめです 2007-06-08
『屋根部屋の猫』の脚本家さんが、脚本を担当されてるんですよね。

『屋根猫』のレウォンくんとダビンちゃんをちょっと思い出しちゃうような、

ピくんとヘギョちゃんのからみが、ツボにはまりました(^^♪

ヘギョちゃんのはじけた演技も、ピくんのかわいい笑顔も、すべてがGOOD。

ふたりの、新しい魅力を知ることができたドラマでした。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

世界最速のインディアン ゴッド・オブ・スピード・エディション世界最速のインディアン ゴッド・オブ・スピード・エディション
出演:アンソニー・ホプキンス /クリス・ローファード /アーロン・マーフィー /クリス・ウィリアムズ /ダイアン・ラッド
ハピネット・ピクチャーズ
発売日 2007-07-27
定価:¥4,935(税込)
価格:¥3,701(税込)


どうにも不思議なタイトルだが、「インディアン」とは主人公の愛車であるバイク、1920年型インディアン・スカウトのこと。ニュージーランドの小さな町で暮らす63歳のバートが、長年の夢であった米国ユタ州で行われる最速バイクレースに挑戦する。実話を基にした物語で、バート役を演じるのはアンソニー・ホプキンス。とてもじゃないが最速レーサーに見えないけれど、夢に一直線になる初老の男をいきいきと演じ、嫌味がないのはさすがである。
ニュージーランドの人々の粋な見送りに始まり、船でロサンゼルスに着いたバートがユタを目指してヒッチハイクしていく旅は、多くの個性的な人々との出会いが彩っていく。それぞれのエピソードがどれもイイ話なので、観ているこちらもいつの間にかバートを応援してしまう展開。圧巻は、ついにユタ州のレース会場に到着した彼が、目の前の白い平原を見て幸福に浸るシーンだろう。その幻想的な美しさといったら! その後もさらに大きな感動が待つのだが、人生賛歌のドラマとして、これほど基本に忠実で、しっかりと物語を語っている映画も少ない。多くの人の心を温かくする佳作だ。(斉藤博昭)

愛すべきバイク親父に乾杯!! 2007-07-18
バイクに人生を賭けた男が夢を追う。ニュージーランドからロサンゼルス、そしてユタ州ソルトフラッツまでの道すがら、主人公バート・マンローは数々の困った問題にぶつかるのだが、その都度誰かに助けられるか、独力で道を切り開く。ロードムービーともなっています。



このバート・マンローという人物は、飄々とした、カラリと明るく、一途で一生懸命で、愛嬌があって、彼と接した人は、彼を愛さずにはいられないオヤジなんだよね。監督がバート・マンローという人物に惚れ込んだのだ、という気持ちがひしひしと観客に伝わってきます。それにこの映画では、悪い人が登場しない。(笑)

たった一人でアメリカに乗り込んだにもかかわらず、バートの周りには自然と人が集まり、そして、彼に助けの手を差し伸べる。それは映画だからでも、彼が老人だからでも、見知らぬ地で右往左往していたからでもなく、実在のバートのもつ頑固さや骨っぽさの裏側にある温厚かつ誠実な人柄を、人々がテレパシーのように受け取るからなのだろう。



念願かなってソルトレイク、ボンヌビルの平原にについた時、彼は武者震いのような身ぶりとともに涙を浮かべる、このシーンが素晴らしい。また、係員からレースで死んでも責任は取れないというようなことを言われても「一生よりも5分が勝る時がある」と毅然と答えるシーンも。思わず涙がジワリとさせられたら、続いての、レースシーンは思わず手に汗握るスポコン状態。(笑) 



キャスティングも実に良かった。アンソニー・ホプキンスはシリアスな役柄が多く、どうしても「ハンニバル・レクター」の印象が強烈。本作のような老境に入って頑張る「愛すべきオヤジ」というキャラがここまで似合うとは思いませんでした。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

春のワルツ DVD-BOX II春のワルツ DVD-BOX II
出演:ソ・ドヨン /ハン・ヒョジュ /ダニエル・へニー /ソ・イヨン
NHKエンタープライズ
発売日 2007-04-25
定価:¥22,260(税込)
価格:¥17,808(税込)


2006年10月よりNHK-BS2で放映された、ソ・ドヨン主演の純愛ストーリー。『冬のソナタ』のユン・ソクホ監督による“四季シリーズ”のラストを締めくくる物語で、監督いわく「春だからこそ、“希望”を描きたかった」という作品。真冬のオーストリアで、運命的な出会いを果たす4人の男女。それぞれの心情が複雑に絡みあい、思うにまかせない恋模様の展開に、ぐいぐい惹き込まれてしまう。オーストリアの美しい風景を舞台に、天才ピアニスト、ユン・ジェハ(ソ・ドヨン)と、純朴な少女、パク・ウニョン(ハン・ヒョジュ)が彩る恋は詩的で、ぜひその行く末を見届けたくなる。BOX 1には、物語後半の第10~20話が収録されている。(みきーる)

最終章に相応しいです 2007-06-29
ユン・ソクホ監督の四季シリーズが大好きで、最終章と言うことで春は大いに期待していました。映像・音楽、とても素晴らしく感動です。キャストもBOX-1の前半は新人なので仕方ないのかな?と思うところもあったのですが、新人だけにBOX-2の頃になるとそのウイウイしさが新鮮に思えてきました。回を追う毎に演技も迫真に迫り、もう涙、涙です。

欲を言うと、KBS放映のものとだいぶ違う所があり、かなりカットされているようなので、

韓国版も観て見たいです!

独特のカメラの寄りや引きが絶妙で、さすがユン・ソクホ監督と思わせます。

ソウル、特にホテルは最先端と思える撮影場所で一方青山島は素朴な美しい景色が印象的で

日本人の郷愁をかき立てられます。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

幸せのちから コレクターズ・エディション幸せのちから コレクターズ・エディション
出演:ウィル・スミス.ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス.タンディ・ニュートン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日 2007-07-25
定価:¥3,990(税込)
価格:¥2,993(税込)


1981年、サンフランシスコ。新型医療機器のセールスマンのクリスは妻と息子クリストファーの3人暮らし。しかし、家計は火の車。そんな生活に嫌気がさした妻は出ていってしまった。クリスは成功を夢見て証券会社の養成コースを受講することにする。正社員になり安定した生活を送りたい。しかし、研修中は無収入。彼は土日を使ってセールスに励むが、アパートは追い出され、挙げ句の果てには駅のトイレで寝泊まりするまで生活は落ちていく…。
ウィル・スミスが実話をもとにした原作に感動し、製作&主演した感動作。妻に去られ、家を追い出されホームレスになっても、決して諦めず、愛しい息子とともに懸命に生きようとする主人公クリスを熱演。主人公の貪欲でストレートな生きざまを嫌味なくユーモラスに温かく演じて、ウィル・スミスの巧さに改めて脱帽だ。息子を演じるジェイデン・クリストファー・サイア・スミスはウィル・スミスの実の息子。キュートさはもちろん、気負いのないさりげない演技でパパを好サポートしている。 監督はイタリア人監督、ガブリエレ・ムッチーノ。お涙ちょうだいに走らない節度のある演出がうまい、イタリアの実力派監督だ。(斎藤 香)

幸せをつかむためのメッセージ 2007-07-14
皆、幸せになるためにいろんな形で一生懸命努力するし、努力が成果を生めば、認められやすい国、アメリカ。そこでは、チャレンジングな夢と目標にでも、正面からぶつかる勇気と、多少つらくて悲しくともあきらめない気持が、肝心だ。幸せとは、どこからかやってくるように願い、それが来るのを待つようなものではなく、自らタフに行動を起こして自分の力で引き寄せ、その手に入れるものなのだ。原題の"Pursuit of happyness=幸せを追い求めて”、は壁に書いて願うものではないわけだ。

タフさと夢を信じてまず最初に行動する力。未来は今よりきっと良くなるはずだと信じるからこそ、立ち上がって生きる力が湧いてくるものだ。Pursuitは決して楽ではないのだ。単純に信じることだ。幸せを探すには、複雑な脆さから離れて、シンプルかつタフに、ということが、この映画のメッセージか。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

自転車少年記自転車少年記
出演:安田章大 /丸山隆平 /渋谷飛鳥 /福田沙紀 /石井智也
東宝
発売日 2007-06-22
定価:¥3,990(税込)
価格:¥3,364(税込)


2006年11月23日、テレビ東京系で放映された、安田章太・丸山隆平(ともに関ジャニ∞)主演のスペシャルドラマ。原作は、新潮社ケータイ文庫で45万アクセスを記録した、田中真による同名小説。5歳のときに出会い、自転車の楽しさ素晴らしさに魅了された2人の少年が、ときにぶつかり合いながら、夢に恋に、そして立ちはだかる運命に健気に立ち向かっていく姿が切なく、ずっしりと胸に染みわたる。いつも陽気な安田・丸山のイメージから、「笑えるお気楽ドラマ」だと思って手に取ると、よい意味で予想を裏切られるはず。迫真の喧嘩シーン、思わず固唾を呑んでしまうラブシーンなどが効果的に盛り込まれており、2人の役者としての質の高さを大いに窺い知ることができる。共演の福田沙紀、渋谷琴乃らの演技も清々しく、印象的。(みきーる)

夢を追う人に問い掛ける2時間 2007-07-14
このドラマが放送された当初、私の地域では見ることが出来なかったのでとても残念でした。なので、今回DVD化されてファンとしてはとても嬉しい限りです^^



原作を読まずにこの作品を拝見させて頂きましたが、出演者のコメント通り『人間くさい』ドラマだったと思います。私はまだ学生で、未来への希望や不安を今まさに感じているところですが…このドラマではそんな心理や、感じたことのない恋愛感情、絶望・挫折と葛藤を目の当たりにすることが出来ると思います。『人生はそんなに甘くない』という言葉をよく耳にしますが、私はその通りだと思いました。



今壁にぶち当たっている人、それを乗り越えた人や乗り越えたことのない人もこの作品を見てみると良いかも知れません。

きっと何か思い当たることが、自分の中に出てくるのではないでしょうか?



夢を追う人に問い掛ける2時間。

諦めることで得られるモノ、得られないモノ。

私はこの作品を見て、これからも自分の夢を追い続けていきたいと思いました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ブラッド・ダイヤモンド 特別版(2枚組)ブラッド・ダイヤモンド 特別版(2枚組)
出演:レオナルド・ディカプリオ. ジャイモン・フンスー. ジェニファー・コネリー. カギソ・クイパーズ. アーノルド・ボスロー
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 2007-09-07
定価:¥3,980(税込)
価格:¥2,985(税込)


タイトルの「血に染まったダイヤモンド」とは、アフリカで不法に採掘され、武器輸入などの資金源となるダイヤ。内戦が続くシエラレオネを舞台に、元傭兵でダイヤモンドを横流しするダニーと、RUF(反政府軍)に家族を奪われた漁師のソロモン、そして不法ダイヤの実態を明らかにしようとするジャーナリストのマディーが、壮絶な運命をたどる。
何よりも衝撃的なのは、アフリカの実状だ。RUFによる人民の虐殺や拷問めいた行動。エドワード・ズウィック監督は、躊躇なくショッキングな映像を積み重ねていく。とくに、RUFに捕らわれたソロモンの息子を始め、銃を手にした子どもたちの行動には目を覆うばかり。キャストはそろって好演だが、ディカプリオの熱演が光る。ソロモンが発見したというピンク・ダイヤモンドを狙って悪役の面も出しながら、アフリカの現実から逃れたい切実さまで醸し出し、クライマックスの彼の表情には涙を誘われる。
社会派の重いテーマを貫きながら、要所での派手なアクション、ほのかなラブストーリー、さらに人間同士の感動ドラマが無理なく絡み、娯楽作として見ごたえ満点なのは高く評価されるべき。(斉藤博昭)

観終わった後の行動が変わらなければいけないのです 2007-07-10
ワシはこの『ブラッド・ダイヤモンド』で描かれたことは100%真実だとは正直思わない方が良いと思っています。

(エドワード・ズウィック監督が『ラスト・サムライ』で描いた日本の幕末から明治は渡辺謙が演じた勝元など、

侍の描写は確かに上手く描いていたと思うが、時代背景はトンチンカンな部分があったので。)

とはいえ、ワタシはダイヤモンドを巡っての紛争があるという事実をを知りませんでした。

おそらくこの思いは、ワタシだけではないでしょう。

しかし、金(ゴールド)や石油などでいつの時代でも、こうした争いはあったのは知っています。

今作でいうダイヤモンドを巡る争いが起きる理由はわかります。

ひとことで言えば、ソレは金(かね)になるから。

あるいは、ソレで食っていけるから。

つまり、需要があるから、供給しようとして争いが起きているわけである。

こうした場合、一番憤りを覚えるのは、その需要側が血を流していないこと。

そして更に悪いことは、武器調達などをして、そうした紛争をサポートしていること。

そしてそして、極めつけに悪いことは、

それが極々一部の利権を得ようとする者たちによるものであるということ。

そしてその結果、いつでも、どこでも、一番の被害者は、

今回で言えば、ダイヤモンドには到底縁がない、地元の住民たち。

いつもこういった、『先進国の需要(エゴ)のために、被害を被る途上国の人々。』

というパターン。

この映画『ブラッド・ダイヤモンド』は、

こうした問題を提起している社会派映画で、大変見応えがあります。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ハイスクール・ミュージカルハイスクール・ミュージカル
出演:ザック・エフロン /ヴァネッサ・アン・ハジェンズ /アシュレイ・ティスデイル /ルーカス・グラビール /コービン・ブルー
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2007-05-23
定価:¥3,360(税込)
価格:¥2,596(税込)


2006年、NHK-BS2ほかで放映され、好評を博したミュージカル・ラブストーリー。同年のプライムタイムエミー賞の二部門を受賞し、全米では“現代版ロミオとジュリエット”として絶賛された。主演のザック・エフロン(トロイ役)、ヴァネッサ・アン・ハジェンズ(ガブリエラ役)らの躍動感あふれるダンスと歌は若々しいパッションに満ち、画面に惹き込まれて思わず踊りだしそうになる。アメリカのハイスクールならではの陽気な空気感や、10代らしいはじけるような感情のぶつかりあい、恋情、友情などが全編にあふれ、まさに“青春劇”そのもの! 本作の人気は尽きることなく、2007年夏にはNEWS・小山慶一郎主演で舞台化が決定している。(みきーる)

手元において何度も観たい! 2007-07-12
すごくすごくオススメ!!!!!!!!!!!

つけられるなら 星10コつけたい!!!



久しぶりにこんなにいい作品に出会いました!!!

とにかく観てください!!



舞台はアメリカの高校。

ミュージカルのオーディションを軸に

ストーリーもミュージカル仕立てに展開していきます。

ミュージカル作品は最近は少ないし、

大袈裟で苦手って人もいるけれど

「ハイスクール・ミュージカル」は絶対見るべきです!!!!



ストーリーも歌も、かなりのハイクオリティ。

ディズニーチャンネル制作だから裏切らない展開です。

でもだからといって、先の読める薄っぺらい話ではありません。

エンターテインメントを熟知したスタッフによって見事に作られています。

なので、観終わったときには素敵なお芝居を見たあとの感動を味わえます!!!



手元において何回も観たい作品です!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

時効警察 DVD-BOX時効警察 DVD-BOX
出演:オダギリジョー /麻生久美子 /豊原功補 /ふせえり /光石研
角川エンタテインメント
発売日 2006-06-23
定価:¥19,950(税込)
価格:¥15,176(税込)


2006年1月~3月、テレビ朝日系金曜ナイトドラマで放映された、オダギリジョー主演のミステリー・コメディー。自身の趣味で時効が成立した事件を捜査する総武署時効管理課の警察官・霧山修一朗(オダギリジョー)のゆったりした活躍を描いたもので、警察官ながらマイペースで低周波な霧山のキャラクターが好評を博した。あくまでも趣味で捜査しているので、犯人を突き止めた場合は相手に「この件は誰にも言いません」と書かれたカード(通称“誰にも言いませんよカード”・霧山の署名、捺印つき)を手渡すという誠意ある(?)スタイルがおもしろい。鈍感な霧山にヤキモキするパートナー・三日月しずか(麻生久美子)のイラつきぶりも愉快。(みきーる)

ずーっとやってて欲しい!! 2007-07-18
全部観ましたが面白いですね。テレビで毎週常にやってて欲しいです。

後半桐山(オダギリ)のキャラが所々壊れてたり、出演者の息も合ってきて、

基本的に後半の話の方が好きですし、徐々に作り手側も要領をつかんで来ているように感じます。

出演者の方々も本当に楽しみながら演じているのが伝わり、最初から最後まで笑いポイント満載です。

オダギリジョーが何度も観て欲しいと言うように、細かいところもネタをいれてあり、遊び心満載です。

小ネタ見つけると少し嬉しいです。



時効警察2も終わってしまい、時効警察3がやってくれることを期待します。



10点中8点!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]

守護神守護神
出演:ケビン・コスナー /アシュトン・カッチャー /ニール・マクドノー /メリッサ・サージミラー /クランシー・ブラウン
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
発売日 2007-06-20
定価:¥3,990(税込)
価格:¥3,082(税込)


日本の“海猿”と同じ仕事であるアメリカの沿岸警備隊を舞台に、カリスマ的な実績を誇った元レスキュー・スイマーと、若き訓練生の関係をドラマチックに描く。救助作業中に仲間を亡くしたことで現役を退き、育成学校の教官となったベンが、新入生で元高校の水泳チャンピオン、ジェイクに才能を見出していく。過酷な訓練の末、一人前のレスキュー・スイマーとなるジェイクだが、現場では思いもよらぬ試練が待っていた。
ケビン・コスナーがこれまで演じてきた正統派ヒーローとは違う魅力を発揮。辛い過去を引きずり、妻との関係もぎくしゃくするベン役を、屈折感たっぷりに演じている。対するアシュトン・カッチャーは、一本気な性格のジェイクで、初のシリアスな大役を見事にこなし、観客の共感を誘うことに成功。訓練シーンがやや長いが、後半、アラスカに舞台を移しての実地シーンでは、セットやCGも違和感なく合成され、スペクタクルな迫力を生み出している。ラストもちょっと驚きで、『トップガン』『愛と青春の旅立ち』といったハリウッドの王道的成長ストーリーの香りを受け継ぎつつ、意外な展開に新しさを感じさせる。(斉藤博昭)

命のために命を捨てる 2007-07-14
9.11以降、「人命を救う職業」の作品がいろいろ登場して来たように思う。もう出尽くしたかと思っていたら、「沿岸警備隊」が登場。少々のことでは、もう感動はしないだろう。そんな思いで観始めた。



訓練シーンで少々じれったい思いをさせられたが、2人の主人公が一つとなるアラスカが舞台となってからは、気が付けば、身を乗り出して観ている自分があった。



一番の観どころは、まさにパッケージに出ている、あのシーン。



今までにもあった「命のために命を捨てる」たくさんのストーリー。

その意味では、目新しさはない。

しかし、この作品は確かに人の心を揺さぶる。



42歳のデミ・ムーア と結婚した27歳のアシュトン・カッチャー って、この人。これにも興味があって、この作品を観た。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

[RSS] [Admin] [NewEntry]