FC2ブログ

SEO対策:映画

ハゲタカ DVD-BOX |大森南朋

ハゲタカ DVD-BOX |大森南朋 に関する記事です。
ハゲタカ DVD-BOXハゲタカ DVD-BOX
出演:大森南朋
ポニーキャニオン
発売日 2007-07-18
定価:¥11,970(税込)
価格:¥9,576(税込)


NYの敏腕ファンド・マネージャーの鷲津が帰国する。彼の目的は「日本を買い叩く」こと。彼はかつて勤めていた三葉銀行の不良債権をまとめ買いし、経営危機に陥る企業などを高値で売り飛ばす。経営者の懇願も聞かない、容赦ないやり方は“ハゲタカ”と呼ばれる。その最初の標的となった旅館「西乃屋」の経営者は失意の中、事故死。その事件を機に、三葉銀行時代の鷲津の上司・芝野は彼に徹底的に立ち向かい、小さな工場を経営する父親を鷲津のせいで亡くしたTV記者の三島も彼を執拗に取材する。そして「西乃屋」の息子の治はどん底から這い上がり、IT企業の若き社長として鷲津に挑戦状を叩きつけた。不良債権を抱える大手企業を次々と買収していく鷲津の真意は? そして彼と芝野らとの闘いは…?
現実に新聞を賑わす買収ビジネスの物語の裏側が垣間見られ、手に汗を握るスリルと、人間関係にも深く切り込んだ演出と脚本 が感動を生み出した経済ドラマの傑作。見るものを引きつけてやまない無駄のないシャープで力強い演出、映画並の映像美、役者たちの火花散る演技合戦、ドラマを盛り上げる音楽といい、このドラマに関わるすべてのスタッフ、キャストが最高の仕事をしているといっても過言ではない。特に複雑な感情を押し殺して生きるファンド・マネージャー鷲津を演じる大森南朋、鷲津を超えようと挑戦状を叩きつけるも、どこか彼に憧れに似た感情も抱く治を演じる松田龍平が素晴らしい。共演は柴田恭平、菅原文太、宇崎龍童など。原作は真山仁の『ハゲタカ』『バイアウト』。(斎藤 香)

面白く、且つ、勉強になる 2007-07-20
企業再生をめぐる人間ドラマである。

昨今外資系ファンドによる企業買収をめぐるニュースが多いが、

わかりやすい外資VS日本みたいな構造ではなく、

果たして外資系ファンドが問題なのか?というテーマを投げながら

具体的にどういった構造になっているのか、

問題の本質を描こうとしており、非常に学ぶことが多い作品である。



また、単純にドラマとしても、それぞれが迫真の演技で

重厚でありながら、テンポ良く進むため、とても楽しめる。



強いて言うと、最後鷲津が妙にいい人な感じがしてしまうところが

若干もったいなかったかな??

もうちょっとアンチヒーローでいて欲しかったかも。



とはいえ、十分に観るべき傑作ドラマだと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/24に作成しました。


スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chucky2.blog101.fc2.com/tb.php/111-dbda5046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック