FC2ブログ

SEO対策:映画

チルソクの夏 特別版 |水谷妃里

チルソクの夏 特別版 |水谷妃里 に関する記事です。
チルソクの夏 特別版チルソクの夏 特別版
出演:水谷妃里 /上野樹里 /桂亜沙美 /三村恭代
角川エンタテインメント
発売日 2004-10-29
定価:¥4,935(税込)
価格:¥4,242(税込)


1977年、下関の高校生・郁子は、姉妹都市である韓国の釜山との陸上競技会で、韓国人の少年アンテイホウに出会う。お互いひかれあい、文通が始めるが、まだ日本と韓国の間に緊張感があった時代。ふたりの交際は親の反対にあってしまう…。 オーソドックスな青春映画だが、韓国人の男の子に恋をしたヒロインの一途な思いを、彼女の友人たちが一緒に盛り上げようと奔走する姿が可愛らしい。またヒロインの水谷妃里はじめ、上野樹里など若い女優たちのみずみずしさもチャーミング。手をつなぐだけでドキドキしてしまうような恋。70年代のティーンの恋愛ゆえ、幼い印象があるかもしれないが、本来、初恋ってこういうものだったのでは…と、胸を熱くすること必至。また、分断された自国の現状に悩み、自分にできることはないかと考える韓国の少年の言葉に、ノンビリとした日本の若者を恥じるヒロインの姿も印象的だ。「ロミオとジュリエット」のようなベランダ越しのデート、ファーストキスなど、純度100%の初恋の姿には、懐かしさと甘酸っぱさで胸がいっぱいに。監督は『半落ち』の佐々部清。(斎藤 香) いつかお互いが分かり合えるといい 2007-12-17  本作品の舞台の1970年代は今よりももっと日本に対しての規制が厳しかったんだと、本作品を見ると分かりました。今では日本人歌手が韓国などでコンサートなどを開くことはよくあることなので、日本語の歌を歌うととめられるなんて信じられません。しかし、まだ完全に韓国が日本に対して門戸を開いたわけではありません。いつか安君が言っていたように日本人と韓国人が、いや世界中の人が分かり合える日が来ることを願ってやみません。

 本作品の主題歌イルカの「なごり雪」を聞いていた世代の人はきっと見やすい映画だと思います。本作品の郁子の父親のように韓国に偏見を持っている人にも見て欲しいです。
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2008/3/8に作成しました。
[PR]画像
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chucky2.blog101.fc2.com/tb.php/194-0b23bd9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ήФ?Τ?å?????ĺ?????
2008/03/13(木) 17:11:53 | ?????????????