FC2ブログ

SEO対策:映画

コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07 |福山 潤.櫻井孝宏.ゆかな.小清水亜美.名塚佳織

コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07 |福山 潤.櫻井孝宏.ゆかな.小清水亜美.名塚佳織 に関する記事です。
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07
出演:福山 潤.櫻井孝宏.ゆかな.小清水亜美.名塚佳織
バンダイビジュアル
発売日 2007-07-27
定価:¥6,300(税込)
価格:¥4,725(税込)



まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリーです 2007-06-15
熱烈なファンの多い作品だということはよく分かっていますが、なぜか一番いいところ(と思われる)回だけ見てしまった門外漢としてレビューを書きます。



タイトルロールのピカレスク度が高いとは聞いていましたが、物語のクライマックスへとなだれ込んでいく回であるためか、「うわっ、そこまでやるか!」というダークでクレイジーな濃さは感じませんでした。A.デュマの名作「ダルタニャン物語(鈴木力衛訳)」中に、「我は王軍、友は叛軍」という邦題の巻がありますが、私の中ではまさにその表現しか当てはまらない(どっちがルルーシュ側でどっちがスザク側にあたるのかは状況によると思いますが)イメージです。とてつもなく大それた考えを実行し、あるいは関わってしまったハイティーンの剛毅な部分、その裏にある不安定さみたいなものをうまく絡めて描いています。友人が真の敵(じゃないかもしれないけどこの時点ではそう)という、一番見たくなかった現実が目の前に立ちはだかる回なんだ…と思ってしみじみと見ました。



ほぼ最終章に近いということで「落としどころ」に近づいているのは事実ですが、大人の意見としてはあまりハッピーエンディングを望まないのも事実です。中国文学ではありませんが、大義と権謀術数は背中合わせです。対象年齢が高めの作品でもありますし、主人公2人(ルルーシュだけかなぁと思いましたがやっぱり相方も加えて)は重い十字架を背負いながらひたすらに自分たちが目指した道を進んで欲しいと思います。行き着く先に楽園がなくても、です。



ツッコミどころもあげつらえば多々ありますが、ドライブ感と息苦しさのあるストーリーテリングに対してこの評価とします。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/17に作成しました。


スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chucky2.blog101.fc2.com/tb.php/35-9d3d695f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ジャンルを問わず「北斎もの」は数多いが、この作品は別格で、これを読んだら誰もが北斎に惚れ直して、たぶんかなりの確率で同じ様な生き方をしてみたくなるのではないだろうか。江戸の暮らしも、貧乏も、あるいは人間のしがらみも、これはこれで悪くないと思わせるのは、や
2007/10/02(火) 07:04:49 | あかねのblog