FC2ブログ

SEO対策:映画

ゲド戦記 |宮崎吾朗

ゲド戦記 |宮崎吾朗 に関する記事です。
ゲド戦記ゲド戦記
出演:
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
発売日 2007-07-04
定価:¥4,935(税込)
価格:¥3,948(税込)


宮崎駿の長男、吾朗が初監督に挑む。それだけでも興味津々の一作。原作は世界的ベストセラーで、宮崎駿も『風の谷のナウシカ』などに多大な影響を受けたと公言するファンタジー。全6巻の、とくに後半のエッセンスを抽出しながら、架空の世界「アースシー」における異変と、その原因を探る王子アレン、大賢人ハイタカ(ゲド)の旅をつづっていく。
人物の過去や行動の動機が詳しく語られないので、ある程度、基本設定を知ってから観た方がいい。吾朗監督は、人間の生と死など原作のテーマを追求しているものの、ストーリーテリングは、やはりまだ熟練とは言えない。ただ、満天の星空や、微妙な色で変化していく夕暮れなど、絵画のように美しい映像は印象的。全体の色づかいのバランスにも、過去のジブリ作品との違いが意識されているようだ。声優陣では、やはりハイタカ役の菅原文太が重厚。手嶌葵は透き通る歌声が心に響く。結末を含め、いろいろと突っ込みどころはあるが、巨匠の息子の初監督作として温かく見守りたい作品である。(斉藤博昭)

酷評すべきではない 2007-06-18
理解力と想像力の無い人には理解できない作品。ただたんに見て楽しむことに重きを置いた人には向いていません。



おしむらくは声優がキャラの感情を表現しきれていないこと。

キャラの心理描写も疑問に思うところも数箇所ありました。






さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/18に作成しました。


スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chucky2.blog101.fc2.com/tb.php/52-5ab60c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック