FC2ブログ

SEO対策:映画

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション |デイビス・グッゲンハイム

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション |デイビス・グッゲンハイム に関する記事です。
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション
出演:ドキュメンタリー映画 /アル・ゴア
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日 2007-07-06
定価:¥4,179(税込)
価格:¥3,270(税込)


地球の運命があやういバランスをかろうじて保っている中、本作は最も先見の明がある重要なドキュメンタリー映画だと言えるだろう。「ほんの一瞬大統領になりました」と冗談をとばす作者アル・ゴアは、政治家としてのキャリアを通して、人々の関心を地球に迫る温暖化の危機に向けることを使命としてしてきた。この作品は、彼がパワーポイントを使って世界中で続けてきた(本人によると千回を超える)講演内容をそのまま映画化したものだ。図表やグラフ、統計、写真を駆使して温暖化が地球の究極的な環境問題であるという現実(「理論」ではない)に疑う余地を与えず、わかりやすく控えめなアプローチを展開している実直な映画であるにもかかわらず、その内容は大変興味深く、説得力をもって聴衆のもとに届く。2000年に行われた大統領選選挙運動の頃の硬さがとれたゴア。彼の人格形成に多大な影響を与えた出来事(姉の死、息子を交通事故で亡くしかけたことなど)についても触れながら、政党を超えて常識と道徳的な率直さに訴え、温暖化のもたらす悪影響を覆すという断固とした決意と使命感を抱いた一人の人間像が見えてくる。温暖化問題を民主党の政網に利用しているという非難の声も聞かれるが(温暖化についての圧倒的な証拠や反駁を許さないゴアのメッセージによって、自分自身の利益が脅かされる人もいるのだろう)、『不都合な真実』に関してはゴアの誠実な信念が伝わってくるし、それに文句があるのは鈍感で頑固な人間だけだろう。作者は正道を行きながらもジョージ・W・ブッシュ政権(のらりくらりと「不都合な真実」を一貫して避け続け、石油産業優先の政策をとり続けている)に対する全面的な攻撃は控え、政治的見解の差を巧みに乗り越えながら、子どもたちの未来に厳しくも希望に満ちた目を向ける。(Jeff Shannon, Amazon.com)

事実を突きつけられるショック 2007-06-14
アル・ゴアのプレゼンは実に巧い!! それにつきるかもしれない。

アップルの役員とあって、パソコンを駆使してグラフ一つ見せるにしても、完成したグラフでなく、グラフの棒が実際に伸びて視覚に訴える。息抜きとして、ときおりジョークも交えますが、そのタイミングもいいし、「シンプソンズ」の作者マット・グローニングのアニメとゴア自身とがシンクロしたりと巧いもんです。



本作は、ドキュメンタリー映画に違いないですが、マイケル・ムーアに代表されるような最近のエンタテインメント性溢れる撮り方ではなく、ごくごくフツーにゴアの講演旅行を追ったシンプルな作りであるにも関わらず、アル・ゴアのエネルギッシュな語り口は説得力に満ち、話は面白くてわかりやすく、そのカリスマ性は人々を惹きつける。私的なエピソードと「科学的」なデータに基づいて温暖化の危険を説く姿には、なんか宗教の布教者の雰囲気さえあり、ある意味スター主演のエンタテインメント映画として成立しています。



映画で紹介される事象としては、あまり目新しいことはなかったですが、あらためて環境問題に我々個々が真剣にとりくまなくてはならないことを認識しました。そして、アメリカは直ちに京都議定書を批准すること!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/18に作成しました。


スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chucky2.blog101.fc2.com/tb.php/60-bccfc9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック