FC2ブログ

SEO対策:映画

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set |藤原竜也

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set |藤原竜也 に関する記事です。
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete setDEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
出演:藤原竜也 /松山ケンイチ /戸田恵梨香 /中村獅童 /鹿賀丈史
バップ
発売日 2007-03-14
定価:¥7,140(税込)
価格:¥5,355(税込)


夜神月はエリート大学生。類まれなる天才である彼は、偶然“DEATH NOTE”を手に入れた。そこに名前を書かれた者は死ぬ。将来は警視総監になれる逸材と言われながらも、法による正義に絶望していた彼は、そのノートを使って罪深き者に次々と制裁を加え、犯罪者のいない理想郷を作ろうとする。そしてその制裁は、世間で話題になり、救世主“キラ”と呼ばれるようになる。しかし、キラの正体を絞り込んでいた男がいた。彼の名前は“L”。数々の難事件を解決していた謎の名探偵で、彼はFBIや日本の警察に指示を出し、月に近づいていく…。
原作コミックが1500万部以上も売れた大ベストセラーの映画化。天才・月と天才・Lの頭脳バトルが圧巻の原作だが、この前編はプロローグ。月とLの闘いの序章といった趣。月が正義を掲げながらも、ノートを使って簡単に人殺しを重ね、何も後ろめたさを感じない姿は、ささいな理由で殺人を起こす現代人の象徴のようで背筋がゾッとする。後編で繰り広げられるであろう頭脳バトルへつながるエンディングは、続きも見たくなる作りだ。月は藤原竜也、Lは松山ケンイチが演じる。特に松山は原作のLそっくりで、ヴィジュアルも含めLファンも納得の好演だ。(斎藤 香)

いや、素直に楽しめましたよ? 2007-06-12
もう、かれこれいろいろな映画を見てきたのですが、これは素直に楽しめた。

まあ、もしかしたら原作知らないからなのかもしれないが・・・。



当時、ダチに強制的に連れられて、見に行った映画なんですが、最初犯罪者がバタバタ死んで行くところでなぜか衝撃を受けましたw



ダチは推理物だって言ってましたけど・・・推理物じゃねえよw

推理物にしてはテンポが速すぎですw



だが、この作品は、今までに見ないタイプの映画で(まあ、アニメでは結構似たような物があったんですけどね・・)現実と非現実をごっちゃにしたような内容でとても惹かれた。

特に主人公のバックに死神が付いているとか最高です!

死神は、ヴィジュアル系っぽくて、マントに鎌を持っているような印象ではなかった。

また、そこが斬新であった。



これくらいの値段なら多分買ってもいいでしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/7/23に作成しました。


スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chucky2.blog101.fc2.com/tb.php/86-a812cdc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック